ヘッダー画像

有名な芸能事務所が安心感はあるがライバルも多い

転職市場が盛んになっている今、様々な企業が求人を出しています。 その中でも特に華やかな憧れのエンターテイメント業界として歌手やモデル女優や役者などやアイドルなどのテレビや雑誌のメディアからのタレント求人も多く、最近はレコード会社やプロダクションが一般的な転職サイトなどを利用して社員を募集することも珍しくなくなっています。 この芸能事務所で所属し起きる求人は以下の様なものです。

使い捨てにタレントをしない芸能事務所

次から次へと
ただでもデビューしたい
まず、多いのがマネージャーの仕事です。 マネージャーの主な仕事はその芸能事務所に所属しているタレントやアーティストなどの仕事のサポートを行う、という面と、担当するモデルやアーティストを売出しさまざまなイベントや仕事に参加させる、という面があります。 主に正社員であることが多く、仕事内容は多岐にわたっています。 この際、大体の場合は営業職経験があるといいとされていますが、この仕事の特徴は他の企業とも違い、売り出すアイドルやアーティストを見出すところからが担当になることもあります。 やはりある程度人脈があり、また同時にアーティストや芸能人を自分の手で大きくしたい、という憧れる人が参加するようです。 とはいえ、未経験者でも歓迎としているところは多いものです。 このパターンは全くの芸能事務所の未経験者のタイプでは、最初はアーティストや歌手などの、いわゆるおつきの人から始めるようになります。 これは何かというと、その俳優さんが仕事をする際に必要なものを準備したり、雑用をこなしたりというものです。 そうしながらエンターテイメント業界のルールを学んで行ったり、業界知識を身につけると同時に、さまざまなこの業界独特のルールを担当していきます。 この状況はたくさんの人がおつきになっている大御所さんの下につくこともあり、一番下っ端のケースではとにかくこき使われます。ただしそこで人脈を得ることにより、それからの仕事につながることもあります。 また、中にはタレントさんのメンタルケアや将来の相談、これからどのように売り出していくか、というようなことも芸能事務所では必要になります。

実績を個人で出してから芸能事務所を探す

立場を変える
有利な交渉をするために
また、憧れるような売れっ子のパターンはパパラッチやスクープ記者などからそのタレントさんのプライバシーを守るのもひとつの仕事になります。 このため、口が軽い人はそう採用されることはありません。 その一方で芸能事務所との間に立って女優さんのことを考える必要があります。 ケースによっては、歌手やアーティストはプロダクション所属からの扱いが悪いとより良い会社を求めて移動してしまうこともありますので、そのようなことを防ぐのも仕事となっています。 ただ、その一方で他のところで売れている、あるいは売れそうな芸能人さんを引き抜いて担当とすることも自分の仕事のひとつとなっています。 担当しているモデルさんが売れっ子になるのが一番嬉しいものですし、業界内でのマネージャーとしての知名度も上がります。 もう一つはイベントスタッフなどの仕事です。 と言っても、この仕事はアルバイトなどでよく募集されているものとは違い、どこでいつどのようなイベントをするか、というようなことに始まり、どのようにイベントを仕掛けてどのように進めていくか、というようなことが大事になります。 このシチュエーションでは基本的に社内のタレントさんを使いイベントを成功させるというのが基本ですが、中には話題作りのために他の芸能事務所のお笑い芸人さんを使うこともあります。 この場合は、基本的にイベント事が好きな人が行います。 また、力のある漫才師さんのマネージャーなどから売り出したい人のためにイベントを作って欲しいと持ちかけられることもあるようです。 このため、一概にイベントをする理由やイベントについての期間やタイミングなどは同じではありません。 ただ、あるイベントが定着するとそれにより毎年行われるような巨大な規模のイベントになることもあるようです。 この芸能事務所の求人はそう多くはありません。

悪徳な芸能事務所に騙されて登録料を払う

失敗しないために
レッスン料や登録料
イベント企画会社がスタッフとしての募集を行い、その時に芸能事務所に採用され所属することも多いものです。 また、もちろんタレントでなくても経験者のほうが優遇されます。 ただ、これはバイトでイベントスタッフを経験していました、という程度でも構わない、としているところが多いものです。 この仕事の内容は、やりがいとしては仕掛ける側になって、そのイベントが成功した瞬間がやはり一番喜びも大きい物になるでしょう。 最近はネットや各種SNSと連携させたイベントも多く、そのためネットについての知識や各種SNSについての知識も必要になってきます。 場合によってはディレクターなどとも呼ばれ、芸能事務所でもさまざまな庶務を経験することもあるでしょう。 もしあなたが未経験というのであれば、最初はやはり雑用からとなります。 大きなイベントになればなる程経費もかかり、様々な企業が関わってくる分いろいろな制約や揉め事、各種ルールなども細かくなってきます。 そのようなことを一から考え、また調整していくため、雑務と言っても大量に発生することは間違いありません。 ただ、末端から初めていき、徐々に責任や役職も大きくなってくるものです。 ただ、このようにイベントを仕掛けられるほどたくさんの数の憧れのタレントさんがいる芸能事務所はやはり大手に限られます。

業界内のパイプを芸能事務所に所属して作る

遅咲きでも良い
上に上がるための手段は沢山
最後に、事務職の募集も行われています。 タレントといっても、憧れの芸能事務所と言っても特別なことはなく、ひとつの企業に過ぎません。 ただ、様々な人が所属しているため多くの事務作業が発生します。 また、会社の方針によってはさまざまな仕事が発生します。 このため、事務職と言ってもやはり経験者が採用されることが多いものです。 また、問い合わせ対応など、比較的他の企業よりも色々なタレントと関わることが多い事務職と言ってもいいでしょう。 芸能事務所の場合でも、やはり経験者のほうが有利です。 事務職は女性にとって人気の職種であり、同時に経験者が優遇されるものでもあります。 このため、他の事務職と比べても経験者が多く採用されるようです。 最近の芸能事務所のパターンは、個人よりも大手のほうが求人も多く、採用されることも多くなっています。 個人の状況は人脈やコネクションなどに比重が置かれ、やはり経験者のほうが有利なようです。 また、プロダクションのケースはタレントを扱う企業であり、また同時に非常に注目度が高い企業でもあります。 このため、華やかな業界に興味があったりぜひやってみたいと思うのであれば、迷わず応募してみるといいでしょう。

マネージャー


一覧


評判


オーディション


スカウト