ヘッダー画像

実は大変なマネージャーの仕事内容

細かいスケジュール
好きなタレントだけではない

求人の中でも、特に華やかな業界のものはとても人気があるものです。 中でもついつい目を惹くのが、転職サイトで行われている芸能事務所のマネージャー職の就職の募集でしょう。 ではこの仕事は、一体どのようなことをするのでしょうか。 まず、ここでは基本的にマネージャーの仕事の場合は、その会社のプロダクションに所属する女優の面倒を見るということに尽きます。

マネージャーは本当に大変なお仕事です

このような細かいことになると、その人のスケジュール管理から売れるための意味のあるプランニングです。 そして個性的なアイドルを売りに出すための営業活動やその商品の管理などです。 また、中には営業職と兼任して行うこともあれば、チーム単位で売り出すためにその才能の管理に特化する人もいます。 こればかりはその会社や個性や傾向によるとしか言いようがありません。 次に、これは広告のスポンサーやテレビ局とタレントの間に壁として立つということでもあります。 このため、それは例えば事務所に就職して役者の考えと企業の方針と違えば、その間に立って間を取り持ち話し合いをする必要がマネージャーにはある、と言ってもいいでしょう。

倍率も高く厳しいマネージャーの求人

理想と現実
裏の部分を目にすることも

プロダクションはあくまでもタレントを育成し何らかのプランニングにより売り出し、マネージャーはそれにより利益を得るというところがあります。 このため、大体の場合は芸能事務所と考え方が一緒であることも就職には求められます。 同時にその芸能人がどこに不満を持ち、どのように改善したいと考えているのかをすり合わせていかなくてはならないのです。

自分が付きたいタレントのマネージャーができるわけではありません

その一方で、その時に女優や芸人の信頼を大きく損なうようなことがあれば、その商品が他の会社に移籍してしまう、ということもあるようです。 また、ある程度経験を積みその素材のことを大きく理解できるようになれば、その個性に適した仕事という物が分かってくるでしょうから、そこからその役割に対してより知名度を高めるための様々な方法を取ることが出来ます。 これが例えば王道のアイドルとして活躍したい場合は、その人のことをどのようにすれば業界でより売れる稼ぎ頭になるかです。 グループとして売り出すか、それとも遠回りして役者や歌手などにしてからライブ活動をさせたほうが知名度が出るか、というような様々な戦略を取ることが出来るのです。 このマネージャーという仕事は、一般的にはとても意味ややりがいのある仕事とされています。 自分の手で有名な人を育てることが出来る、というのはとてもやりがいのあること、と思われがちなものです。 ただ、芸能業界は他の業界と違い、個人で活動するケースが多く、目に見えない格が非常に多く存在します。 またタブーなどもたくさんの種類があるため、就職すればそのような細かいところにまで気が回るタイプがマネージャーに向いています。

メンタルが強くないとできないマネージャーの仕事

精神的な苦痛も
やはり上下関係も厳しい

比較的気を使う仕事のため精神的に強くある必要もある一方で、今はマネージャーは人のことを考えることが出来るという配慮のある優しい面も持ち合わせなくてはなりません。 また、未経験の就職の場合は最初から売れっ子と関われるということはほとんどありません。 これがあったとしてもその人がたくさん従えているスタッフの一人としての仕事となります。 最初は雑用などから始めることが多いものです。

最終的にはマネージャーの仕事は無くなる?

もしくは例えば付属するスクールから新人さんをピックアップし、その個性と一緒に育っていくというスタイルを取ることもあります。 もちろんこの場合は先輩マネージャーが付き添ったり仕事について教えてくれますが、おおむね一年もすれば独り立ちするようになってくるものでうs。 ひとつ気をつけておきたいのが、担当の言動によってそのタレントの芸能生命が左右されるというものです。 どれだけ美人で仕事ができても、マネージャーの配慮が行き届かない場合や出ずっぱるようなことがあれば、まずその人は売れないものなのだと考えておきましょう。 就職すれば、裏方でありながら同時にとても重要な役割を担う芸能事務所の仕事でもあるのです。

一覧


評判


オーディション


スカウト


TOP