ヘッダー画像

既に合格が決まっている出来レースのオーディションも

勝者が決まっている
どのコンペを選択するか

私たちはテレビやCM、雑誌などで毎日多くのタレントを見ています。 その中には背が高くて格好が良い、可愛い、トークが上手いなど人から憧れの感情をもたれるタレントも実際には多くあります。 これは「いつか自分もあのタレントのようになりたい!」と思って芸能界を目指す若者は結構多いです。 しかし、誰もが確実にタレントになれるわけではありません。
そしてタレントになるためには芸能事務所のオーディションを受けて合格する必要があります。

オーディションははっきりいって運と好みでしかありません

プロダクションのオーディションを受けに来る人はみんな「芸能界デビューする」という大きな夢をもっています。 そして、合格できるのはほんの数人程度です。 それゆえに激戦の中を勝ち抜いていく必要があるのですが、ここで実際に他の誰かよりも優れたどこか少しでも何か1つでも秀でたものを、ここでもっていれば合格できる可能性がかなり高くなります。 これを絶対に無理だと決めつけずに何度も挑戦し続けることが大切です。 しかし、それはどうしてもここでは、超有名レコード会社のオーディションに合格するために必要なことを説明していきます。

合格する事だけがオーディションの目的ではない

自分に合う場所を探す
会場で目立つためには

まず、合格者と不合格者の違いについて考えてみましょう。 タレントといえど普通の人間であり、一般人と大差ありません。 違うところは「芸能事務所に認められて芸能界デビューすることができた」ことだけです。 オーディションを受けるタイプなら誰もがエンターテイメント界への憧れと情熱をもっているので、気持ちの面ではみんな同じでしょう。 同じ想いを抱いているのにタレントになれる卵とそうでないケースが出てくるのはなぜでしょうか?この答えは「結果を出す努力をしているかどうか」にあります。 実は努力と一言でいっても、結果が出る努力と結果が出ない努力の2種類があります。

出来レースのオーディションも存在します

結果が出ない努力をいくらやっても競争率が高いプロダクションのオーディションで合格することはできないでしょう。 例えば、ダンスが上手くなりたいと思って一生懸命練習するとしましょう。 しかし、見た目だけを追求して鏡の前で練習しても他の誰かとの差別化はできません。 これだけだと変な癖がついてしまって、伸び悩む場合もあります。 結果が出る努力というのはこうした小手先だけの努力ではなく、もっと本質的で内面も成長していくような努力のことをいいます。 ダンスの場合ですと、ダンスをするための身体の作り方や規則正しい日常生活、基礎練習、指導者から伝授された技術を自分のものにしていくための試行錯誤などです。 特に、オーディションでなくても普段の基礎練習は大切です。

見えない所でもオーディション会場ではチェックされている

挨拶や礼儀も
日々の生活から見直す

基礎練習は毎日同じ事の繰り返しなので、普通の人はつまらないと感じて手を抜いてしまいがちです。 この基礎練習を毎日一回一回丁寧に考えながら(例えば、足の角度をもう少しあげた方がいいかな?手の角度はこれでいいかな?。 腕の力を抜くにはどうしたらいいかな?など)行うことで、自分の軸を強化して圧倒的な差別化を行うことができます。 実は他の人が面倒でやらないような努力が結果に結びつく努力であり、合格の鍵だったりするのです。 芸能事務所の審査員は何百人、何千人というオーディション参加者を見てきています。

手当たり次第オーディションを受けるのは良くない?

ダンスを見たら「それが小手先だけのものかどうか」ということはすぐにわかってしまいます。 もちろん、演技や歌についても同じ事が言えるでしょうし、それはまた、履歴書の書き方や挨拶の仕方などを見てもその正確の内面がわかってしまうものです。 オーディションの合格に自信が無いケースや最初から諦めているパターンは、自分の実力や見た目を不安に感じています。 しかし、先ほど述べた結果を出す努力をすることで自分自身の内面的なものが成長し、自然と不安も消えてきます。 そして自信に満ちた状態でオーディションを受けることができるでしょう。 タレントになるのに重要なのは才能ではなく、「結果を出す努力」を継続して行っていくことです。 もしこれができるのなら、きっと芸能界に入っても活躍できるでしょう。

マネージャー


一覧


評判


スカウト


TOP